靴底の剥がれを補修して長く使う。

便利

靴のソール(靴底)部分が剥がれる事はよくあります。簡単に補修できるので、買い替えずに節約しましょう。

使うのは、この分野では有名なシューグー(SHOE GOO)楽天1100円です。

使い方は簡単です。

固まるとゴム質になります。すり減った靴底の肉盛りにも使えます。

また、このシューグーは靴の修理以外でも様々な用途に使える優れたアイテムです。

革靴のソールの剥がれを直してみた。

靴の先の部分が剥がれている。
革靴の先がパックリと口をあけています。
かかとの部分も開いています。

かなりのダメージをうけた革靴ですね。

シューグーにはヤスリとヘラが付属しています。接着面は軽くヤスリをかけると良いです

ヤスリがけの後、接着する面をアルコールで脱脂しました。強力な溶剤では靴の表面を傷める恐れがあるのでIPA(イソプロピルアルコール)にしました。

IPA 純度99.9%以上 480ml ×2 1512円楽天 これは シリコンオフの中身と同じもので、塗装や研磨剤を洗い流す時に、とても便利です。

いそプロぴれアルコール

接着面をIPA で軽く洗浄して、乾かしました。

マスキングテープでシューグーのはみ出しのための処置

マスキングテープでシューグーが、はみ出した時の対策をします。

強力な接着剤ほど、はみ出した時は拭き取れないので簡単にでもマスキングしときましょう。

シューグーを注入します。
適量注入します。

接着面の両方に塗り広げます。塗り終わったら3分ほど接着しないで表面を乾かします。

接着面を押さえます。今回はクランプを使いました。接着面に圧力を掛けれるのでしたら重石でも輪ゴムでもいいです。

ただしスキマが出来るほど弱くても、シューグーがはみ出してくるほど強くても良くはありません。その点クランプは調整しやすいです。

クランプ等で接着面を固定したら、はみ出したシューグーを先の尖った物などで慎重に取り除き、マスキングテープを剥がします。

マスキングテープを貼ったまま固めてしまうと、テープが取れなくなりますよ。

12時間~24時間(厚みで変わります。今回は24時間)で硬化して使用できます。

その他の使い方

シューグーは硬化するとゴム質になります

その固さと接着力で補強材として、さまざまな用途に利用できます。

滑り止めの性質 靴の裏に部分的に塗る。椅子の足の裏に塗る。プラタイヤに塗る。

肉盛りする 擦れてすり減った場所に厚く塗る。軍手のイボに。

補修する コネクターの千切れそうな所の補修 テントの補修。割れ裂けめの補修。

接着力がとても強いため、靴以外でも木・金属・皮革・コンクリートなど、様々な素材でも使用することができます。

衝撃を受ける場所へも使えますし、パテのような使い方もできます。

工具箱に、ぜひ、私も長年愛用しています。今回で使い切ってしまったので注文しました。

けっこう使ったシューグー

コメント

タイトルとURLをコピーしました