ダメでした! 石油ボイラー修理

ダメでした

石油ボイラーからの水漏れ。修理出来なかったという記事です。

直らなかったって事なので、興味のある方だけお付き合いください・・・・

手間をかけて分解しても、修理不能という事もよくあります。でも、思い残す事なく買い替えが出来ますよね・・

風呂に入ろうと給湯器のスイッチをいれましたが、エラーメッセージが出ます。

何度か電源を入れたり切ったりすると、エラーコード「11」やら「12」もでます。

 

ボイラーを見に行くと、水漏れです。とりあえず水道のバルブを閉じて、床に溜まった水を切りました。

新聞紙で水分を吸い取らせました。 

 購入から4年ほど使用しました。普通このタイプのボイラーは10年以上使えるのですが・・

 

配管の水漏れならエラーは出ないはず・・簡単に点検すると、バーナー部分からの水漏れです。

本格的な修理になりそうなので、ボイラー本体を取り外して広い所で分解する事にしました。

 

ボイラーのタンク内の水を抜きました。

水道配管や灯油配管、電気配線や煙突など全て外しました。

 

さっそく部屋に持ち込んで、怪しい部分の部品のネジを外すと・・水が噴き出しました。

 

どうもバーナーっぽいのですが、灯油の配管などイロイロ外さないと抜けないようです。

 

外れました、やっぱりバーナーです。本来、水に漬かってはいけない部分です。

 

燃焼室が水浸しになっています。灯油混じりの水を捨てました。

 

もしかしたら直せるかな?と淡い期待をして、ボイラー部分を取り出す事にしました。

メインの基盤を外します。各配管には凍結防止のためのセメント抵抗が付いています。コネクターを全て外しました。

 

本体内の給水管を全て外すために、ケースを分解しました。

 

ほとんど丸裸です。ファンと煙突を外せば罐(カマ)だけになります。

 

煙突の部分です。パイプの中に不思議なプレートが入っています。熱がすぐに抜けないようにするための物みたいですね。

 

カマだけにしましたが、溶接してあり一体型なのでこれ以上分解できません。

 

燃焼室を点検すると・・中の壁がかなり変形しています。

 

燃焼室の上の方です。煙突に繋がっている穴が見えます。

どうも、ボイラーの圧力が高まって、内壁を変形させ亀裂が発生したと考えられます。

修理不可能です。

少し前から、減圧弁か、逃がし弁の具合が悪かったのです。

シャワーなど使うとき、一瞬、圧力が高い事があったのです。

カマの部分を分解して、溶接するスキルはありません。ヤフオクでも、この部分だけでは売っていません。メーカー保証も3年でした。

・・・買い替えしかなないですね・・・

ダメでしたって記事に付き合ってくれてありがとうございます。

直せるかどうかは、分解しないと判らないですからね・・また、些細な事で直る事もあるものです。

でも、構造が分かって楽しかったです。不燃ゴミにも出しやすくなりましたし・・・

では・・・

コメント

  1. […] 故障した石油ボイラーを撤去して、新しい物に交換しました。 […]

タイトルとURLをコピーしました