軽タイヤ手組は、超簡単!100秒で出来る

お得

こんなに簡単なのに、タイヤ屋では1000円もします。

組込む時は「素手」でも出来る、手組。マスターすると楽しくなります。

100秒で出来るのは大げさですが、まずは動画を見てください(画像飛びあり)

軽自動車タイヤ 100秒で手組

簡単です。気軽に安い中古タイヤを購入できたりします。

 

最初にホイールとタイヤのスキマにシリコンスプレーを軽く吹き付けます。

 

ビードブレーカーを使う

軽自動車用のタイヤは小さいので、下に「当て木」などを置くと確実に「落とせ」ます。

 

 

タイヤレバーを使う (使っているのは350mm)

空気バルブを真横にして、ジャマにならないようにします。

ここでのコツは、ヒザの押込みにかかってきます。

ホイールの凹みを最大に使う事で、反対側のスキマを広げるのです。

 

 

タイヤを外す

レバーの間隔は15センチ程です。

ここでのコツは、タイヤを潰す事です。

ホイールを出すのではなく、タイヤを変形させるためにレバーで潰すのです。

 

 

組込み

組み込むタイヤのビード(ホイールとの結合部分)にシリコンスプレーを吹き付けておきます。

初心者はワックスより、断然シリコンスプレーの方が良いです。

 

ここでのコツは、ホイールを地面に置く事です表面が上ですよ。

空気バルブは真横でジャマにならないようにします。

あとはホイールをの凹みに合わせて、押し込んでいきます。

 

足で踏む時は、靴の裏はキレイにしておきましょう。

素手でも出来るほどなので、レバーを使えば片手でも出来ますよ。

 

細かい話

タイヤには、内側や外側の指定や方向がある場合があります。

組み上がってから、空気バルブとタイヤにある黄色いマークを回転させて合わせます。

タイヤ手組交換ごとに空気バルブの交換をオススメします。

アルミホイールで傷つけたくない方は、専門店の方がよいです。

傷をつけないプロテクターもありますが、小傷はついてしまいます。

 

大きなタイヤはこちら。説明も充実

スマホで撮影ですが、録画状態が良くなかったので使わなかった動画です。96秒です。

タイヤ手組 96秒

コツをつかんで最短記録に挑戦してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました