エンジン異音解消 コンロッドメタル交換 JB43

ネタ

交換はオススメしません。ネタとして御覧ください。

オイル管理が悪くて、エンジンから異音。コンロッドメタルを損傷させました。

車も長く乗っていると、エンジンオイルが減ってしまう時期がきます。

エンジンオイルを半年に一度くらいしか確認しないと、、タイミングが悪くて深刻なオイル不足になります。

走行20万Km 女性ドライバー 発見が遅れたのもありました。

 

症状

アイドリングでは、異音はしませんが、1500~1700回転あたりに共振ぽい異音がします。

走行中も、よく使う回転あたりに時々、振動があります。

タペットの減りにある、回転に比例した甲高い音ではありありません。

音の場所は特定しにくく、腰下かな?って感じです。

エンジンオイルを抜くと、少しキラキラ金属のような汚れがありました。

 

エンジン下からの確認・交換です。

オイルパンを外して確認です。JB43は、すんなりとはいきません。

まず、デフホーシングがジャマをするので、サスペンションを目一杯伸ばします。

オイルパンの形が、けっこうジャマをします。意地悪な形状です。

もー少しで外れそう。な、ところで引っかかりが出ます。

ステアリングロッドを外しました。

 

ATトランスミッションのフタ?も外します。

 

もう少し、エンジンミッションを持ち上げて取り外しました。

 

 

オイルの吸い口を外します。

 

あとは、簡単、コンロッドのキャップを外して、コンロッドメタルの確認です。

手でガタを確認しましたが、分からないですね。

 

キャップを外したところです。中のシャフト部分がジャーナルです。

 

取り出したコンロッドメタルです。ダメージの多い所と少ない所があります。

取り外したパーツは全て、マジックで場所と方向を記入してあります。

 

 

一番状態の悪かったメタルのジャーナルです。

爪で引っかいて減りや傷を確認しました。とりあえず減っていなかったので助かりました。

 

新品のコンロッドメタルを取付けます。

コンロッドメタルとジャーナルは最適なクリアランスにしないといけないのです。

今回は下から交換なので、、正確な計測は出来ません。で、、、

コンロッドメタルのノーマル(カラー無)よりは厚みのあるやつを選びました。

 

今回は、すべて「カラーブルー」です。

 

カラーグリーン 12100-70880-0A0  0.008mm薄い

カラーブラック 12100-70880-0B0  0.003mm薄い

カラー無    12100-70880-0C0  0

カラーイエロー 12100-70880-0D0  0.003mm厚い

カラーブルー  12100-70880-0E0  0.006mm厚い

カラーレッド  12100-70880-025  ?

コンロッドメタルに厚みがあるという事は、クリアランスが狭くなるのですが、長年のジャーナルの減りも考慮して決めました。

 

コンロッドメタルは取り付ける時にしっかりコンロッド・キャップに爪を合わせてください。

 

メタルとジャーナルの当たる部分はエンジンオイルやモリブデンスプレー等を塗っておきます。

メタルの外側には塗ってはいけないようです。

 

本体側もしっかり爪に合わせます。少しでもズレると壊れてしまいます。

 

組込みます。

シール材を使ってオイルパンを組込みます。

最初は固めのエンジンオイル10W-40で、ならし運転から始めました。

やはり、静かになって1500回転からの振動も無くなりました。

金属片もオイルパンにありましたので、オイルフィルターも交換しています。

快適です。エンジンオイルの減りはあるので、一カ月に一度は補充しています。

ジムニーJB23用で見た所、1種類だけでした。3気筒なんで3箱必要です

交換できるかは不明ですが、、、

この品はK6Aの後期型2003/08-2010/05で使用できるようです。

アルト キャリィ エブリィ ジムニー セルボ ツイン パレット ラパン ワゴンR ソリオ KEI

オイルパンを開けて、下から交換できるかは車種によります。

オススメはしませんが、、廃車にするくらいならチャレンジするのも、あり、かな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました