ブレーキフルード交換 定期交換しましょう

車のブレーキは圧力を利用しています。圧力を伝える液体(フルード)は劣化するので2~3年に一度は交換しておきます。

ボンネットを開けるとブレーキフルードのリザーバータンクがあります。

新品は、ほぼ透明ですから、茶色くなっていれば交換です。

ざっくり言うと・・・

タイヤを外し、ブレーキキャリパーからフルードを抜きます。

運転席から一番遠い助手席の後輪から始め、運転席後輪→助手席前輪→運転席前輪にします。

リザーバータンクを空にすると空気が混入するので1/4になったらブレーキフルードを補充します。

 

では作業します。

作業前にブレーキの感覚を覚えておくのが良いですね。強く踏んだ感触なども

キャリパーに付いているブリーダーボルトです。

 

ブリーダーボルトにホースを付けます。100均などで探してもよいです。漏れなく空気も入らないサイズを選びます。

 

ホースの先は空のペットボトルに入れます。

 

ブリーダーボルトを緩めます。少しです。ブレーキを強めに踏むとフルードがやっと出るくらいです。

 

ブレーキをゆっくり奥まで2~3回踏みます。

リザーバータンクの残りを確認しながら1/4まで減らします。

かならず新聞紙などを敷き、ブレーキフルードを入れます。

ブレーキフルードは侵食性のあるアルコールなので他の部品につかないようにします。

パーツに付着した場合は、水で洗い流してください。

気泡が混入しないように、ゆっくり缶を傾けてください。

 

入れるブレーキフルード

リザーバータンクのキャップにDOT3やDOT4などと記してあります。

DOT3・DOT4・DOT5.1は、同じグリコール系で上のグレードなら混ぜても大丈夫です。

MonotaRO(個人ユーザー向け) - 通販 - Yahoo!ショッピング
MonotaRO(個人ユーザー向け)ならYahoo!ショッピング!ランキングや口コミも豊富なネット通販。更にお得なPayPay残高も!スマホアプリも充実で毎日どこからでも気になる商品をその場でお求めいただけます。

ウチはどの車もバイクもDOT4を入れています。

 

ブレーキを踏み、リザーバータンクに継ぎ足ししながら透明になるまで繰り返します。

 

ブレーキフルードを処分する時は袋に新聞紙を大量に入れて染み込ませます。可燃ゴミに出します。

 

後は、しっかりブリーダーボルトを締めておきます。

しっかり締めたら、強くブレーキを踏んでみましょう。

フワフワ感触があれば、エア混入しています。ブリーダーボルトを緩めてエアを出します。

4輪すべてをするのでタイヤ交換の時にでもフルード交換するのも良いですね。

ブレーキは直接 命にかかわる部分なので慎重にお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました