口座放置 10年で「休眠貯金」になる話!

ネタ

10年間取引の無い銀行口座はありませんか?

放置された銀行口座は「休眠貯金」になり、民間公益活動に使われます。

しかし、気付けば必ず戻ってきます。大丈夫です。

これは、「休眠預金等活用法」が2018年に施行され、2019年からは実際に休眠預金が発生する事になったためです。

家でも、使っていない通帳が出てきました。10年以上存在を忘れていて「もしや失効?」と思い焦ったのですが、問題なかったのです。

休眠貯金活用法」以前は「消滅時効」があり、払い戻し出来ない事もあったようです。

 

「休眠貯金」になる条件は・・10年取引が無く、通知状が届かない場合です。

貯金額が一万円以下の場合は、通知状を送らないので、そのまま「休眠貯金」になります。

住所が変わったり、亡くなられた方の貯金などが該当しそうです。

しかし、「休眠貯金」は期限もなく引き出す事が出来ます。

ATMでの記帳では「お取り扱い出来ません」と出ますが、窓口に通帳やハンコに本人確認書類などを持っていけば大丈夫でした。

記帳できました。平成19年に新規で5万円入金から忘れているとは・・・

 そして、利息の少ない事・・・インデックス投資の方に回していたら、今頃は・・・

 

長い年月に銀行合併もあり、新しい通帳に変わっていました。新しい銀行のために少し書類の提出もありました。

以上です。お金は大事ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました